看護師のメリット

看護士の免許は何年で取得できる?

看護士の免許は何年で取得できるのでしょう。看護師免許を取得する場合、いきなり国家試験を受けることはできません。まず、受験資格を得なければならず、そのために、学校で最低3年間は勉強しなくてはなりません。

 

国家試験を受けるには、看護専門学校で3年間勉強するか、看護系短大で3年間勉強するか、看護系大学で4年間勉強するか、いずれかを選ばなければなりません。
もちろん、そのために、いずれかを受験して入学しなければいけません。大学は1年間多くなりますが、その分、看護基礎教育だけでなく保健師の勉強もできます。大学の場合、看護過程や理論を中心に学習するので、就職後、その差が出てくると言います。

 

看護士の免許は最低でも3年以上はかかるということです。また、看護師免許を申請してもすぐに受け取ることができるわけではないので、早めに手続きを済ませる必要があります。
申請書類を提出すると、2週間くらいで看護師籍登録証が郵送されて来ますが、免許証の現物が届くのは2ヶ月くらいかかります。特に3月〜5月あたりは医療関係の免許申請が集中する時期なので、もう少し時間が掛かるかもしれません。

 

看護師専門の求人

 

看護士はパート扱いでも働けるのか心配になりますが、パートでも働くことは可能です。看護師として働く場合、中には家庭の都合で夜勤ができない人もいるでしょう。
家庭と看護師の両立は難しいものがあり、常勤看護師のネックとなっているのが夜勤です。その点、日勤パートであれば、日勤を専門とした仕事になるので、夜勤や準夜勤がありません。これなら、家庭と仕事を両立しやすいです。

 

育児にも励むことができます。パート扱いで働くということは、常勤看護師と比べて、仕事をする上で環境はよくなります。
但し、看護士はパート扱いでも働けると言っても、そんなに甘いものではありません。パートであっても、やらねばならない仕事は沢山あります。

 

パートの看護師でも受け持ちの患者はあるので、申し送りが必要です。そのため、日勤パート扱いでも、一概に残業は絶対にないとは言えません。残業を絶対にしたくない場合は、パートとして採用される際、事前にそうした事を伝えておく必要があります。
時間的な都合をつけるように話し合いをしておけば、パート勤務として、それ相応の働き方ができます。

 

美容クリニックに特化した看護師求人サイト

続きを読む≫ 2015/07/10 17:57:10